血糖値測定器のセンサーは個人輸入なら安いのか試してみた

血糖値測定器のセンサーは個人輸入なら安いのか試してみた

今後の為に血糖値の自己測定

測定器購入に向けて色々調べていくうちに、「とにかくセンサーに金がかかる」と知り、日本製は高くて無理と即判断。

そこで、海外製はどうだろうと探し、安いけど正確、それでいて入手しやすいACONの血糖値測定器一式を購入してみました。

>>ACON血糖値測定器の入手方法など詳しくはこちら

このサイトでは、実際に自己測定をするようになって気付いたこと、感じた事を中心に書いているので間違った内容も多々あると思いますが、何かしら参考となる情報を残せればなと思ってます。

何はともあれ、血糖値測定器に関わらず、個人輸入は全て自己責任です。

自己測定で実感したこと

血糖値を自己測定するようになり実感した事があります。

  • 1日3枚以上は、確実に使う
  • ランニングコストが負担に感じてきた
  • 通販で簡単に買えないのが疑問

日本で売られている血糖値測定器のセンサーは、通販で買えません。

薬事法の関係で血糖値測定器のセンサーは、”体外診断用医薬品”という扱いになるらしく、薬局での取り扱いは可能でもネット通販はダメなようです。

しかも、2型糖尿病の場合でも血糖値測定器関連の費用は保険適用外・・・。

インスリン注射が必要な1型糖尿病だとしても、一定数以上の購入は、同様に保険適用外になるそうです。

こんな時でもネット通販可能な方法と言えば個人輸入です。

海外から個人輸入する利点は、正規品が安く入手できること。

個人輸入する際の注意点

個人輸入や測定器の種類などで、私は、以下のような点をクリアしているものを購入する事にしています。

  • センサーが安いのはデフォルト
  • 更に正確性も信頼できるレベル
  • ランセットも同時購入できる事
  • 販売打ち切りなどが極力無いこと
  • 日本語でのやり取りが可能な事
  • 日本円で決済できること
  • クレジットカードも心配無く使える

以上のように、性能と価格は基本ですが、後は、購入の手間が無くスムーズなやり取りで済む事です。そして、これらの条件を満たす製品がありました。

それが、ACON(エイコン)というメーカーのOn Call Express(オンコールエクスプレス)という血糖値測定器です。

ACONセンサーは通常と定期購入がある

日本では、購入できる薬局やメーカーが限られます。

その点、海外では普通にどこでも通販できるうえに価格が結構安い。

  購入価格 送料 ランセット価格 総額 測定費用
【通常購入】 50枚セット 3,450円 840円 600円(100本) 4,890円 98円
【通常購入】 100枚セット 6,500円 840円 600円(100本) 7,940円 78円
【通常購入】 200枚セット 11,800円 無料 1,200円(100本×2箱) 13,000円 65円

海外から直接買えば、センサー1枚が50円~60円という安さ。

日本製の半分の費用で済むだけでなく、ランセットも安いので1回あたりの費用に置き換えてみると、送料分を換算しても65円~98円でした。

  購入価格 送料 ランセット価格 総額 測定費用
【定期購入】 50枚セット 2,650円 無料 込み(実質無料 2,650円 53円
【定期購入】 100枚セット 4,500円 無料 込み(実質無料 4,500円 45円
【定期購入】 200枚セット 7,800円 無料 込み(実質無料 7,800円 39円

そして、定期購入ならもっと安い。

定期購入ならランセットはサービスで実質無料。更に、送料も1万円以下でも無料となります。結果、200枚セットを買えば、全て込みでも1回あたりの測定費用は、39円と結構安くなります。

国内では、血糖値測定器本体なら通販可能ですが、価格が1万円以上でセンサーも1枚数百円と二重に負担です。

日本製の血糖値測定器を使い続けるメリットがあるのか・・・、正直疑問ですね。

>>ACON社血糖値測定器センサーの価格詳細はこちら

品質評価も高い血糖値測定器でした

「そうは言っても、性能は大丈夫なのか?」

センサーが安いと疑問が浮かびます。

購入当初は半信半疑で、性能が微妙だから安のではと思っていたのですが、アメリカでの品質評価も高評価を獲得していると知りました。

また、正規代理店経由での取り扱いなので、もちろん正規品です。

ニプロ製vsACON社製で性能比較

過去にメインで使用していたニプロ製品(TRUE2go)は、コスパは安いですが、その分性能も劣る気がしました。平たく言えば、乗り換えですが・・・。

両方で一度に測定してみると、この位の誤差で済めばまだ良い方です。TRUE2goで一度に数回測定すると誤差が大きく出る事がたまにあります。

ACON社のオンコールエクスプレスの性能チェックの為、同じタイミングで何度か測定すると、だいたい近い結果を表示してくれました。

■二つの測定器のメモリー性能の違い

センサーの性能だけでは無くメモリーも重要。

オンコールエクスプレスなら、日時も表示されるので把握しやすいですね。

これのメモリーが増えれば増えるほど、血糖値が1日の中でどう変化しているのかパターンが見えてきます。

TRUE2goのメモリーは、血糖値の数値のみが順番に残っているだけなので、本当にサブ的な使い道しか無い上に、切り替わりがもたつきます。

この画面サイズが少し大きめなのが最初は使いにくかったのですが、今は、データ見やすいと感じているので結果オーライです。

血糖値測定器を購入したきっかけ

実の父親が糖尿病、その上、父方の祖父は肝臓がんで他界しているという経緯があります。

このような事から、人ごとではなくなってしまい血糖値の自己測定を始めてみようと思ったのと同時に、「ガチで高血糖だったらどうしよう・・・」という不安から半年くらい購入をためらっていました。

また、日本では色々と制限があり普通に通販できなかったので・・・。

そこで、海外から個人輸入できそうなもので、条件を満たすものを探して最初にTRUE2goを購入。実際に使ってみて少し使いにくいと感じてきたので、1年位使ってから、今使用中のオンコールエクスプレスに切り替えました。

血糖値を管理すれば改善も可能

日本の医者の中には、「糖尿病になったら治らない」という主張が当たり前のような印象があります。

無理に血糖値を下げようと食事を制限すると中毒症状を引き起こす危険があるなどの説明も読んだことがあります。

しかし、重度の糖尿病患者が改善した事例、または、血糖値が正常範囲内で推移するようになったという情報も少なくありません。

どれが、正しいのか・・・。

いずれにせよ、糖尿病は治らないと決めつけるものでは無く、取り組み次第で改善する可能性もあるし、その為には、医学的な常識以外で考える事も重要となってくるのかなと思います。

何はともあれ、血糖値の正常化を実現する為にも現状の把握が第一ですね。

また、血糖値の上がりやすい食事内容は、人により異なるので、その変化を把握する事で、糖尿病や予備軍が快方に向かえば、その努力も無駄ではありません。

その為には、気になったらすぐ測定する。

多ければ、1日10枚以上使用しています

いざ、血糖値を測定するようになると、自分の血糖が常に気になる状態でした。

空腹時、食後、チョコレートを数枚食べたら、寝る前という感じで一日10回以上も血糖値を測っていました。

その位、気になったら測るという事を繰り返していたら、「まだこの位余が裕あるな」と思って油断していると、あっという間に使い切ります。

時々、採血不足でエラーとなりやり直しという事もあったので尚更・・・。

でも、それだけ測定した甲斐もあり、毎日の食事内容やそれによる血糖値の変化も把握できるようになってきたので、ただ漠然と抱えていた不安は減りました。

普段なら1日1回程度の測定でも良いと思いますが、ある程度の変化を把握できるようになるまでは、多めに使ってしっかり測定していた方が良いと思います。

そのデータを参考に食事内容を調整した結果、食後の血糖値の上昇が抑えられていると安心します。