血糖値測定器のセンサーは個人輸入で安く購入できました

血糖値測定器のセンサーは個人輸入で安く購入できました

個人輸入なら消耗品の費用負担を抑えられる

血糖値の自己測定をしていれば思う事ですが、継続的に費用がかかるセンサーとランセットの費用はできるだけ抑えたいものです。

そこで、薬も安く入手出来る海外から個人輸入することにしたのですが、以下のような条件を満たすものを探してみました。

  • センサーが安いこと
  • 正確性も信頼できるレベル
  • ランセットも安く購入できること
  • 継続販売が見込めること
  • 日本語でのやり取りが可能なこと
  • クレジットカードも使えること

このように、センサーが安いのは最低限の条件といったところですが、それに加えて、ランセットも安く購入出来る輸入代理店であることも条件に加えました。

そうして、見つけたのがACON社のオンコールエクスプレスという血糖値測定器のセットです。

元々は、消耗品であるセンサーやランセットの価格が安い部分を重視して探したのですが、初回購入のキャンペーンが適用され、センサー以外のこれらは無料で入手することができました。

センサー以外を無料で入手する方法

無料で入手するには、何か特別な手続きが必要なのか気になるかもしれません。また、他に代償が出てきたりしないのか疑問を感じるかもしれませんが、普通にセンサーを購入するだけでキャンペーンは適用されます。

その為に何か特別な申し込みをする必要もなく、ただ、センサーをカートに入れて購入手続きをすれば、後は、取り扱い店側で初回購入かどうかを確認してくれるので何もすることはありません。

試しに、センサーをカートに入れてみればすぐわかるので、特に戸惑うこともないと思います。

センサーの価格は通常購入と定期購入で異なる

日本で血糖値測定器のセンサーを購入する場合、薬局によってメーカーが限られていたり、ネット通販での取り扱いが少なかったりします。

それだけネット通販でお安くお得に購入することが難しいという印象があります。

その点、海外では普通にどこでも通販できる上に価格が結構安いだけでなく、日本へ発送する場合も送料が割と安いのも魅力です。

ちなみに、私が購入しているACON血糖値測定器のセンサーは、以下のような価格となっています。

■通常購入の価格一覧

  購入価格 送料 ランセット価格 総額 測定費用
50枚セット 3,450円 840円 600円(100本) 4,890円 98円
100枚セット 6,500円 840円 600円(100本) 7,940円 78円
200枚セット 11,800円 無料 1,200円(100本×2箱) 13,000円 65円

このように、センサーは最安で一枚65円という安さです。

私は、200枚セットを注文しているので、送料分も無料となりお得に購入することができました。

また、取り扱い店では、センサーの定期購入も申し込むことが出来るのですが、そちらを利用すると更に価格が安くなるようです。

■定期購入の価格一覧

  購入価格 送料 ランセット価格 総額 測定費用
50枚セット 2,650円 無料 込み(実質無料 2,650円 53円
100枚セット 4,500円 無料 込み(実質無料 4,500円 45円
200枚セット 7,800円 無料 込み(実質無料 7,800円 39円

定期購入ならランセットも無料となります。
更に、送料が1万円以下でも無料です。

結果、200枚セットを買えば、全て込みでも1回あたりの測定費用は、39円と相当安くなるのでお得ですね。

血糖値測定器の性能について

ACONの血糖値測定器が安いのは助かるのですが、測定性能は問題無いのでしょうか。少し気になるところです。

この辺は、一般的に販売されている血糖値測定器であれば問題無いそうです。

血糖値に応じて許容される誤差の範囲というものがあり、その中に収まっていれば、血糖値測定器としての販売が許されるそうです。

つまり、一般的に出回っているということは、その性能を満たしているということになるので、性能に関しては商品ごとにそこまで気にする必要無いということのようです。

TRUE2go対オンコールエクスプレス

以前までは、ニプロ社のTRUE2goを使用していたのですが、取り扱い店の販売終了を機にACONのオンコールエクスプレスに乗り換えました。

試しに、両方を使い同じタイミングで血糖値を測定してみました。

性能に関してはそれほど大きく違いはないのかもしれませんが、実際に測定してみると、オンコールエクスプレスの方が同じくらいの数字でまとまっていることが多い気がします。

■二つの測定器のメモリー性能の違い

センサーの性能だけでは無くメモリーも重要。

オンコールエクスプレスなら、日時も表示されるので把握しやすいですね。

これのメモリーが増えれば増えるほど、血糖値が1日の中でどう変化しているのかパターンが見えてきます。

TRUE2goのメモリーは、血糖値の数値のみが順番に残っているだけなので、本当にサブ的な使い道しか無い上に、切り替わりがもたつきます。

この画面サイズが少し大きめなのが最初は使いにくかったのですが、今は、データ見やすいと感じているので結果オーライです。

サイズ的にコンパクトで、センサーの蓋に装着出来るというコンセプトのTRUE2goも中々捨てがたいのですが、メモリ機能や見やすさという点では、やはり大きめのオンコールエクスプレスは良いですね。

1日10枚以上使用する事もある

血糖値の自己測定の必要性は、今どのくらいの血糖値なのかを把握することによって食事内容を改めたり、運動によって下がりやすくしたりなど、生活を改善する為のヒントを得る為だと感じています。

その方法は人それぞれですが、例えば、糖質の多い食べ物の後には、どのくらいまで血糖値が上がったのかを把握する為だったり、反対に、運動したらどのくらい落ちたのかなど、色々な測定方法があると思います。

そうやって、自分の体質を理解する為となると、初めの内は多く使ってしまうものです。

私も最初の頃は、「気になったら測定」と繰り返していて一日10枚以上使用していたことも有るのですが、そういう使い方をしていると本当にあっという間に消耗してしまいます。

それに、慣れるまでは、採血の量もコントロールしにくかったりするので、測定エラーとなってしまうこともあります。

普段なら1日1~3回程度の測定でも十分かもしれませんが、自分の血糖値がどのように変化するのかをある程度把握するまでは、少し多めに使っておいた方が得られる情報は多いと思います。

センサーを注文する場合、まずはお試し感覚でというのであれば、50枚セットでも十分かもしれませんが、血糖値測定器本体などを無料でもらうことが出来るし、消耗品も安く入手出来るので、回数をこなしたいという場合でも十分に条件を満たしてくれると思います。

>>ACON血糖値測定器センサーの価格確認はこちら