血糖値測定器

なぜ血糖値測定器のセンサーは通販出来ないのですか?

海外サイトに直接注文で通販できました

日本では、センサーを通販する事ができません。
また、個人的に使用する目的であり、インスリン注射が必要なレベルではないので保険適用外の自己負担です。

しかも、毎度薬局へ買いに行くのが煩わしい。
その手間を踏まえて打開策を探したところ、結局、海外から個人輸入するという形に落ち着きました。

そして、購入したのがこちら。

>>初回限定無料セットはこちらで購入できました
オンコールエクスプレスという血糖値測定器です。
このセット、左から3つ、センサー以外が無料でした。

初回購入なら、右端のセンサー以外の3点セットが実質無料。
送料負担(840円)のみで購入する事ができます。

こういう場合、センサーは別で割高というのが良くある売り方ですが、センサーの価格も安くて驚きます。

一式買える上にセンサーが格安…

日本では、届け出のある薬局でしか買う事の出来ない血糖値測定器のセンサーも海外では普通に通販できる事を知りました。しかも、その価格が安い…。
海外から直接買えば、普通にセンサー1枚が50円程度のものも有ります。

中でも、かなり安かったオンコールエクスプレスのセンサー。
この製品は、50枚、100枚、200枚のセットが有り、50枚セットなら1枚あたり70円程度とまあまま安く200枚セットは、1枚あたり59円と安め。

定期購入なら200枚セットの単価が39円と更に安い。
長く続けるならアリかなと思います。

続けて使用することを考えると、これだけ単価が安いと長い目で見てかなり経費を抑える事が出来ます。

その上、初回購入なら血糖値測定器本体が無料で初期費用も少ない。

センサー自体が安いだけではなく、本体まで無料で貰えるので負担は、実質、消耗品のセンサーとランセット(針)にかかる費用だけとなります。

日本では、血糖値測定器本体は通販可能ですが、価格を見るとだいたい1万円を超えますが、更に、継続購入の必要なセンサーも高く二重に負担ですが、海外製のオンコールエクスプレスなら、初回も負担が少なくリピートでも負担が少ない。

日本製の血糖値測定器を続けるメリットはあるのか疑問です。

品質評価も高い血糖値測定器でした

この血糖値測定器は、安いだけなのではと思っていたのですが、アメリカでの品質評価も高評価を獲得している事を知りました。
>>オンコールエクスプレスの品質評価について確認

それでいてコスパも良いので、日本製の血糖値測定器と比較する必要すら無くなりました。価格だけが安い粗悪品ではなく、その上で性能も高い。

ちなみに、価格の安いセンサーの一つであるニプロ製品は、コスパはそれなりに良さそうですが、やはり、性能もそれなりだそうです。これよりは、上という事なので、今までニプロ製を使っていた人にとっても衝撃かもしれません。

今まで使用していたニプロのTURE 2goと同時に測定したところ、こんなに差がありました。ニプロで測定して安心と思っていたら、もっと正確な測定結果は、高かったなんて事にも…。

TRUE2goとの違いは、センサーの性能だけでは無くメモリーも重要。
オンコールエクスプレスなら、日時が表示されます。

記録を後から確認したい時、いつどのタイミングで測定した結果なのか把握しやすいので助かります。しかも、切り替えやすい。一方のTRUE2goは、ただ記録が残っているだけなので、本当にサブ的な意味合いしかありません。しかも、切り替えの反応が鈍い…。

サイズが少し大きい点は、利便性に欠けますが、反面、このサイズだからこそ記録が把握しやすいです。

糖尿病予防の為に血糖値測定器を購入

実の父親が糖尿病で更に父方の祖父が肝臓がんだった事もあるので、まずは、血糖値を把握するところからという事で血糖値測定器を購入する事にしました。

しかし、すぐに出鼻を挫かれました。
普通に通販できるものだと思っていたのに、どこにも一式で販売しているところが無いという現状…。

もっと簡単に手に入れられる気がしていたのですが、どうやら、薬事法の関係でそうもいかないようです。

というのも、血糖値測定器のセンサーは、体外診断用医薬品という扱いになるらしく、薬局での取り扱いは可能でもネット通販となると取り扱いできないようです。

でも、それ以外の本体、ランセット(針)なら、普通に通販可能なようで、実際にアマゾンや楽天でも販売されています。なので、センサー以外をネット通販、センサーだけを薬局でという事になりますが、薬局によっては、適したセンサーが売ってないなんて事も考えられます。

結局、色々と面倒なのでまとめて購入する方法が無いのか探したところ、普通に、海外から直輸入の方法なら、普通に一式まとめて購入できる事がわかりました。

血糖値をしっかり管理すれば改善も可能なようです

日本では、医者が「一度糖尿病になったら治りません」だったり、「食べずに低血糖になるのも危険です」というように患者をネガティブにする情報がありますが、どれも信じがたい情報です。

事実、重傷なくらいの高血糖が続いてもそこから改善したケースも一つや二つではない確かな実例もあるので、それらを踏まえても、取り組み次第で改善できると思えます。

その為にも、血糖値の変化を把握する事が欠かせません。

人によっては、血糖値が上がりやすい食事内容でも、他の人では上がりにくい事も良くあるようなので、自分にとって良い食事と好ましくない食事を把握する為にも、変化を記録するのは、必要なようです。

それをしっかりと取り組めるか次第で、糖尿病が改善したり、予備群だったものが至って健康な状態に戻る事が出来れば、その努力も無駄ではありません。

でも、その為に必要なのは、測定回数。
気になったら測定するという場合は、どうしても枚数が必要となります。

多ければ、1日10枚以上使用していました

私自身も実際に血糖値の自己測定を行っていますが、最初の頃は、やはり不安な部分も多く、空腹時も気になり、チョコレートを数枚食べた時にも気になるという感じで、その都度血糖値を測っていました。

そうしたら、センサーの中に入っていた10枚を1日で使い切っていました。

その位、気になったら測るという事を繰り返すと、あっという間に無くなってしまいますし、時々、採血不足でエラーとなりやり直しという事もありました。

でも、それだけ頻繁に測定した甲斐もあり、毎日の食事内容やそれによる血糖値の変化も把握できるようになってきたので、ただ漠然と抱えていた不安感も少なくなったのは言うまでもありません。

なので、健康目的なら1日1回程度の測定でも良いと思いますが、ある程度の変化を把握できるようになるまでは、多めに使ってしっかり測定していた方が変にナーバスになる事も無いかもしれません。

1日3食しっかり食べるのも実は良くないらしい

「健康の為にも、1日3食バランス良く!」というのは、当たり前に言われてきたことですが、しっかり食べる事は、結局血糖値を上げてしまうのであまり良くないようです。

語弊があるといけませんが、そもそもインスリンの分泌量が少ない日本人にとって、しっかり食べるという事は、インスリンの使いすぎ状態です。なのに、現代の栄養学では、数値で見た栄養の必要量を善としています。

その結果、栄養を補う為に必要以上に食べ過ぎる事が続き、結果として、インスリン不足で高血糖状態。

現代の栄養学を信じてしまったばっかりに生活習慣病を来すかもしれないというのは、とても皮肉に満ちた話ですが、何でも不用意に信じない方が良いかもしれません。

糖尿病予備群、もしくは、糖尿病なのに、食事内容を見てみると、おかずの種類も多く、明らかに食べ過ぎのように見える事がありますが、そういう思い込みによる健康についても考え直さなければ、血糖値の改善は遅れる心配もあります。

そういう部分も含めて、色々な食事による変化をしっかり確認し、自分にとっての最適な食事量や食事内容を把握する為にも、血糖値の自己測定は、早めに取り組んで損は無いです。