血糖値測定器はセンサーの価格に注意

なぜ血糖値測定器のセンサーは通販出来ないのですか?

本体は安いけどセンサーのコストが高くなる

血糖値測定器の価格は意外と安いものです。
どのメーカーのも、大抵は1万円から2万円くらいに収まるそうですが、楽天で売られているものの中には、4千円前後のものもありました。

これなら、糖尿病の危険を医師から指摘されてからじゃなくても、ちょっと自分で血糖値が気になり始めたら、使ってみても良いかな、と思えます。

しかし、実際のところ、血糖値測定器の価格が安くても、ランニングコストは同じようにいかないそうです。なぜなら、血糖値測定器の使用には、血液採取のために使う針と、採取した血液の情報を測定器に知らせるセンサーが、必要不可欠だからです。

つまり、その針とセンサーは消耗品である関係上、定期的に買い足さなければいけないため、血糖値測定器を購入した後も、その点で出費を続くことになるんです。まぁ、針は1本につき10~30円程度であるためまだ良いのですが…問題はセンサーの方です。

なんでも、1枚につき100円前後するのだとか。100円のセンサーで、1日1回の測定と仮定すると、1年間で36,500円もかかることになりますから、これは確かに高いと思います。そのため、血糖値測定器を選ぶ際は、測定器自体の価格だけでなく、使うセンサーの価格の方にも注意して、そのトータルで判断した方が良いそうです。

実際に使う事を想定しても、食べるものによっては、気になって何度も確認してみたくなる事もあるので、そうなると、一日10回以上なんて事も考えられます。

もしも、一枚100円のセンサーなら、それだけで1,000円なので高い。
やはり、センサーはこの辺を考慮して安いものにしたいところです。

Contents