血糖値測定器は通販可能な理由

なぜ血糖値測定器のセンサーは通販出来ないのですか?

遠くの店舗から配達してもらっている感覚?

2005年4月に施行された改正薬事法の関係で、血糖値測定器は、高度管理医療機器に分類されたとの事です。同じ分類には、コンタクトレンズ、心臓ペースメーカーなどがあるという事ですが、結構振れ幅が大きいですね。

いまいち共通性が見いだせません。

医療機器には、人体に対するリスクによって分類されていて以下のようなクラスに分けられています。

  • クラスⅣ:高度管理医療機器
  • クラスⅢ:高度管理医療機器
  • クラスⅡ:管理医療機器
  • クラスⅠ:一般医療機器

このような分類だそうですが、このうち血糖値測定器は、クラスⅢの高度管理医療機器に分類されるとの事です。この上位二つは、人体へのリスクによって分けられています。

それで、通販との関係ですが、高度管理医療機器に分類された医療品に関しては、都道府県知事による医療機器販売業許可の取得が新たに必要となったそうです。

また、この関係で薬局などで販売する事自体は可能でも、陳列などするといけないなどの兼ね合いもある中、その製品を知っているという前提であれば、通販で販売しても問題ないという事で血糖値測定器が通販可能なようです。

なんとなく、無理矢理ルールを当てはめている気がしなくありませんが、販売する場合は、ネット通販がいわゆる”中継処理”として配達するだけに当たるので大丈夫という意味なんだろうと思います。

なので、ネット通販というくくりを踏まえると少し混乱しますが、遠くにある販売許可を持っている店舗に電話して送ってもらうなら配達になり問題ないので、それと同じ感覚だと思えば、納得できるのではないでしょうか。

でも、この解釈だと、楽天市場に登録しているショップなどでの取り扱いがあり、いかにも販売しているという感じはするものの、検索から入ってきたという前提で許可されているという事なかもしれません。

Contents