1型糖尿病が根治する見込みは?

なぜ血糖値測定器のセンサーは通販出来ないのですか?

移植やβ細胞再生の可能性

1型糖尿病のイメージを一言で表すなら、「根治できない」という感じがありますが、糖尿病について少しでも調べてみた事がある、もしくは、家族に関わりがあるとなれば、一般常識レベルかもしれません。

生まれつきの膵臓に欠陥がある1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島β細胞が上手く働かず、インスリンがまったく分泌されなかったり少ししか分泌されなかったりする状態です。もう少し正確な例えだと、β細胞が自己免疫によって攻撃されてしまう状態。

β細胞が健常者より少ないため、1型糖尿病の人は、インスリン注射を生涯に渡り打ち続けることになります。

そんな根治の難しいイメージの1型糖尿病ですが、最近では医療技術の発展により、根治に繋がる治療法が編み出されているそうです。
その一つが膵臓移植。

移植と言えば、腎臓移植や心臓移植くらいしかイメージが無かったので、最初聞いた時は膵臓移植まであるというのは、医療の進歩なのでしょうか。実際、移植を施された1型糖尿病の患者さんは、以後インスリン注射が不要になっているそうです。

拒絶反応など移植特有の問題はさておき、1型糖尿病の患者さんにとっては、一つの兆しとなってくれる事です。

しかし、実施例の伸び率はあまり良くないのが現実だそうです。
やはり問題は、ドナーが足りていないこと。効果的な治療法と実証されていても、こうした壁がある以上、広まるまではまだ時間がかかりそうだなと思います。

また、最新医療では、β細胞を幹細胞から再生する技術も実験により可能となっているなどの情報もあるので、根治の可能性は広がってきているそうです。

ですが、こうした根治もそうですが、そもそもがなぜ起こるのか。
そこには、遺伝レベルの話ではなく、現代人の食事内容、妊娠中の食生活など関係していると思うので、そうした部分が具体的になれば、予防もより有効となる気がします。

Contents