糖尿病とプライバシー問題

血糖値測定器のセンサーは通販できない?

シビアな世間体を回避する為にも

私の育った地元が田舎だからなのかもしれませんが、誰が病気になったかというような情報やちょっとした日常的ニュースなどは、すぐ噂になります。笑

田舎暮らしを知らない都会の人からすると、「田舎の人っておおらかで優しい」というイメージがあるかもしれませんが、それは、ごく一部の農村地帯でそこが好きで住んでいるごく一部の人だけかもしれません。

糖尿病患者からすると、自分が病気持ちだとバレる事は、どこか自尊心に触れる何かがあるようです。

また、そういう旦那さんを持つ奥さんにしてみたら、自分の食事で糖尿病を招いたと思われるから嫌なんだとか。まさに、私の母親が言っておりました。笑

人工透析まで行くと毎回の病院通いの苦労話などされていて糖尿病の罹患が当然の事のようになっている場合もありますが、糖尿病かどうかを知られるのは抵抗があるというのは、実の家族を通じて感じる部分だったりするワケです。

なので、人によっては、病院も地元では行かずに、少し離れた市まで車で向かうという人も少なくないように思いますが、そうなると、血糖値測定器を購入したりするのも地元の薬局やドラッグストアは、バレる心配があるので避けたいものです。

そんな時でも、ネット経由で血糖値測定器や消耗品のセンサーやランセットを入手できるようになった今の時代は、そうした世間体が気になって中々行動を起こせなかったという場合にも一つの解決策になるのかなと思います。

消耗品も定期的に送ってもらえれば、買いに行く手間もかからずに済むだけでなく、海外製のより安価なものであれば、コストを気にせず色々と検証する事も出来ます。

そうして、自分の体の血糖値の変化を記録し、改善に努めれば、糖尿病から脱却できる可能性もあります。病院では、治らないと言われてしまうかもしれませんが、そもそも、それは、西洋医学ではどうしようも出来ないという話に過ぎません。

こういう医者の情報を素直に信じてしまうのもまた田舎で情報が限られるほどに起こりやすくなるものですが、そういう偏りを打開する上でも、インターネットは有効に活用していきたいものです。

Contents