1型と2型糖尿病は全く別ものと考えるべき?

血糖値測定器のセンサーは通販できない?

自己免疫不全と生活習慣による要因の違い

1型糖尿病は、現代医療では不治の病と言われきました。

実際、一生に渡り、インスリン注射を手放せないそうですが、その為にかかる治療費や血糖値測定器に関連する出費も考えると、生活は大変だと思います。

2型糖尿病であれば、一般的には、「一度なったら治らない」という情報が浸透しがちですが、食事療法や運動療法で治らないものではありません。というより、2型糖尿病に関しては、治らないと断定すべきでは無いという方が正しいかもしれません。

しかし、1型糖尿病も2型糖尿病も同じ糖尿病という扱いで、症状も似ているというのに、治るか治らないかの点で大きく違うのは、具体的にどの辺が違うのでしょうか?

これは、1型糖尿病が先天的要因が強く、免疫機能不全に関係しているからだそうです。血液中の糖質を細胞内へ送り届けるインスリンは、膵臓の膵β細胞の働きにより生産されますが、これを自分の免疫が破壊してしまう。

すると、結果としてインスリンの分泌が限られる。

対する2型糖尿病は、膵β細胞は攻撃されないのに、今までの食生活によって膵臓自体が疲弊している状態。または、肥満によってインスリンは正常でも機能不全が起こっている状態とも言えます。

しかし、最近知った話では、1型糖尿病が治った例は、いくつもあるそうです。具体的には、ある治療を受けた後は、インスリンを注射しなくても良くなったのだとか。

その治療は何かと言うと・・・膵臓移植です。

確かに、1型糖尿病の原因は、生まれつき膵臓からインスリンが正常に分泌されないことですから、膵臓を丸々入れ替えてしまえば良いんですよね。

ただ、膵臓移植となると、移植特有の問題が付きまとう事になります。

例えば、移植した膵臓が拒絶反応を示してしまったら意味が無いですし、それを未然に防ぐための治療も別個必要になります。また、供給に比べると圧倒的に需要の方が多いため、運良くドナーに巡り合える人は本当に少ないと聞きます。

そのため、事実上1型糖尿病を治す手段は未だ無いに等しく、原則は一生インスリン注射を続けるしか無いのが現状なようです。

また、近い将来、人工膵臓の研究が上手くいけば、豚由来の膵臓の細胞から1型糖尿病が治る可能性もあるそうです。

2型糖尿病とは

2型糖尿病は、生活習慣が大きな原因というのは既知の事だと思います。食生活の乱れから肥満となり、インスリンの分泌が悪くなり糖尿病へと悪化するケース。

または、細胞側がインスリンの受け取りを拒否する事により血糖値の高い状態が続きやすくなり起こる事もあります。このような状況をインスリン抵抗性と言いますが、どちらにしても、インスリンが血中のブドウ糖を制御できていない状態です。

2型糖尿病となる具体的な原因は、食生活もそうですが、同時に運動不足など脂肪や糖質を燃焼する機会が減る事も関係しているように、結局は、エネルギーを摂取しても消費しなければ、次第に病気となってしまうという事に変わり有りません。

では、血糖値を測定した場合、実際にどのくらいの範囲だと2型糖尿病となるのかと言えば、以下のような数値が当てはまります。

  • 空腹時:126mg/dL以上
  • 食後2時間値:200mg/dL以上

正確には、ブドウ糖負荷試験などを行う事で診断されるものですが、普段の食生活でもこのような数値になってしまう場合は、糖尿病であるかどうかに関わらず、生活を改めなくては、進行の一途をたどる可能性が高くなります。

先天的要因の関わる1型糖尿病と異なり、2型糖尿病の場合は、取り組み次第で解決できる可能性も十分に残されていると言えます。

では、どのように2型糖尿病から抜け出せば良いのかですが、その為にも、どのような食事で血糖値がどう変動するのかを把握する事は必要不可欠です。

人によって、血糖値が上がりやすい食事、上がりにくい食事などがあるので、それらとの相性を体を通じて把握する事でその後の対策が練られるという事に繋がっていくもの。

私の場合は、キャラメルコーンを食べて極端に血糖値が上がったので、それ以来、抵抗が有って食べなくなってしまいましたが、こうしたお菓子類をどのように選ぶかも一つの対策として重要だと思います。

全く食べないなんて事をせず、ストレスフリーで取り組む事も可能だと思います。

また、一般的によく言われる「急に食事量を減らしたら栄養不足になる云々・・・」「返って血糖値を上げてしまいかねない云々・・・」というような情報に疑問を持つ事も大事なのかなと思います。

なぜなら、空腹でも無いのに毎日三食食べるような食生活になったお陰で日本の糖尿病者数は明らかに増加しているからです。食事の欧米化と良く言われますが、栄養を意識しすぎた食べ過ぎも体にとっては負担でしかありません。

関連ページ一覧