血糖値を自己測定する必要性

血糖値測定器のセンサーを安く買う方法がありました

血糖値のモニタリングとコントロールに必要

自分の血糖値がどのように変動するかを知り、インスリンや食事によってどのくらいコントロール出来ているかを把握する為に最適な方法の一つが血糖値の自己測定。

血糖の変動には、人それぞれの要因が有り、どれとして同じものが有りません。同じ糖尿病患者が同じメニューの食事を同じ量だけ摂ったとしても、Aの人が血糖値が大幅に上昇し同じようにBの人も血糖値が大幅に上昇するとは限らないのです。

そうした個人ごとの血糖値の変動を毎日チェックする事によって、血糖値を抑える食事、もしくは、低血糖に陥りすぎないようにバランスを考えてコントロールしていく事が血糖値自己測定で可能となっていきます。

食事療法以外にも、運動や薬物療法などで血糖値がどのくらい変動したのかを確認する上でも血糖値の自己測定は欠かせません。

より正確な測定の為にも使用方法はしっかりと

血糖自己測定を行っても、その数値が正確性に大幅に欠けるものだと、測定する意味が無くなってしまいます。

そうしたミスを防ぐためにも、測定器の正しい使用方法の把握もそうですが、いつも同じ条件で測定できるように注意する必要が有ります。

採血時に手を洗っていない事で目に見えない付着物が測定結果がブレたり、気温が低い環境で検査する事で最低限必要な採血量をまかなえない事も有ります。

また、試験紙の保存方法を誤ることでも測定に影響する事も考えられますので、正しい血糖値測定器の使用方法、採血での注意点など、きちんと抑えておく事が大切だなと実感しました。

どのように測定するのが良い?

血糖値測定も採血のタイミングが色々と有ります。

最も多いケースでは、毎回の食事の前後と就寝前、深夜と早朝にそれぞれ採血を行い測定するというものです。

これだけの回数を繰り返すのは、インスリン注射を一日に3回~4回も必要になる重度の糖尿病患者のケースですが、インスリン注射を1日1回でもしているなら、ここまでしっかり検査している事に越したことは有りません。

ただし、実際に血糖値の自己測定を行っている患者さんを参考にすると、一番知るべきなのは、どのような食事によって血糖値が上昇したかです。

糖尿病患者にとって、出来る限り食生活の質は落とさず血糖値も上昇しにくい状態が理想であり、その為にもどのような食事が影響しているかを把握する事が重要となってきます。

それを把握する為にも、毎食後に採血を行い血糖値を測定する事が食生活をどのように調整していくかを知る上での重要なポイントとなります。

正常値は空腹時110mg/dL以下が目安

血糖値測定器を糖尿病以外で購入する目的として、予防の為に血糖値を測定しておきたいという考えの元必要に思っている場合もあると思います。

そういう意味でも海外製品なら、センサーも安くて続けやすいです。

では、血糖値をそこまで頻繁にチェックしなくても良い予防目的の場合、どのくらいの数値を目安にすればよいのでしょうか。

その場合、空腹時の血糖値が110mg/dL以下であれば、大旨正常値だそうです。

他にも、もう一つ糖尿病型かどうかの検査方法である”75g OGTT”というものがありますが、この検査での2時間後の血糖値が140mg/dL以下であれば、正常な血糖値であると判断されるようです。

75g OGTTというのは、75gのブドウ糖を水に溶かしたものを飲んで血糖値の推移を測定する検査方法で、この検査を複数回行った時の数値で正常か、糖尿病となるのかを判断する方法だそうです。

この検査を行うのは、高血糖である可能性を持っている人で誰でも行うわけではないにしろ、この数値を覚えておけば、今の血糖値がどの位なのか把握する上で目安となってくれるのではないでしょうか。

ただし、正常値範囲内だからといっても安心できるわけではなく、上限に近ければ近い程、高血糖になる可能性があり、そのまま行くと糖尿病の発症リスクをあげてしまうかもしれない事には注意しておきたいものです。

血糖値の高さによって、正常型と糖尿病型に分類されますが、そのどちらにも属さない境界型という分類は、糖尿病ではないけど、注意が必要な血糖値の数値という事で間違いなさそうです。

関連ページ一覧