ニプロ製品(TRUE2go)について

血糖値測定器のセンサーは個人輸入で安く購入できました

安いという利点のみ

私が一番最初に購入した血糖値測定器は、ニプロのTRUE2goでした。

初めて見た時は、「血糖値測定器ってこんな簡単な機械で出来てるの?」と疑問だった位ですが、使い方も簡単で誰でもすぐに使いこなせるようになるものだと、その時初めて知ったものです。

因みに、ニプロのTRUE2goは、すべてコンパクトサイズで作られているので持ち運びにも便利です。そういう意味では、出張などには最適かもしれません。

でも、オンコールエクスプレスと違って過去の表示が使いづらいのが難点。表示が小さく見づらいのもそうですが、過去にさかのぼる時にタイムラグがあり正直イライラする事があります。

それに、日時の表示が無いのであくまでも目安としての確認しかできません。その点、オンコールエクスプレスなら、表示がスムーズで日時も確認しやすい。そもそもモニターが大きいので見やすいです。

TRUE2goの良いところは、センサーの入っているボトルのフタに本体を取り付けられるという部分は秀逸です。

できるだけ一つにまとめておきたい人間としては、部品点数が減り楽で良いんですが、そのセンサーの性能がイマイチだと後から知りました。

実際に、今の血糖値測定器と比較してみると誤差もあるので、色んな意味で、目安の確認程度なら良いけど、毎日、続けて使うなら、正直微妙なところだなと思います。

結果、センサーを使い切った後に、海外オークションサイト経由で買ったニプロのTRUEtestも2箱使わずに残ってしまいました。

関連ページ一覧