血糖値測定器の針の廃棄方法

血糖値測定器のセンサーは通販できない?

生活ゴミとして出して問題無いそうです

血糖値測定器の針は、基本使い捨てになっていますが、そうした方が衛生面で安全だし、測定に悪影響を与えません。

そうした面をないがしろにすると、化膿するリスクもあり、血糖値の自己測定どころではなくなってしまいますので、同じ針を何度も使ったりは良くないように思います。

ところで、血糖値測定器の針って、普通に捨てられるものなのでしょうか?

消耗品とは言え、医療機器である血糖値測定器の部品みたいなものですし、一度皮膚に刺したものなのですから、何か特別な手続きとかいるのでしょうか?

調べたところ、そういった面倒な手続きは無いとのことでした。

つまり、生活ゴミとして、毎週のゴミの日に捨てても大丈夫なようです。ただし、廃棄方法に関しては、ちょっと気を付けた方が良いそうです。

確かに、直接ゴミ袋に入れようものなら、いつ針の先端が飛び出すかわからないので注意した方が無難だという事くらいはわかります。

そのため、廃棄時には必ず、キャップやプラスチックを針の先端に被せた上、薬の空容器や牛乳パック、ペットボトル等に入れ、小さなポリ袋を被せてから、他のゴミと一緒に大きな袋に入れるのが良いとのことでした。

一応、正確には、各自治体ごとにゴミの捨て方にはルールがあり、しっかり調べると、この辺もはっきりすると思います。

まぁ、実際は毎回の測定の後に、用意したペットボトル等にその都度入れればまとめて捨てる事も容易いので、そこまで面倒ではないと思います。ただ、ゴミ袋の中に、針が一杯入ったペットボトルって、傍から見たらちょっと驚く光景ですよね。

その辺も考慮して、針は、付属のプラスチックの横に刺して処分するようになっているので、その通りにすれば安心です。

関連ページ一覧